これでさよなら!場所別にやるゴキブリ駆除

過ごしやすい春が終わってジメジメとした梅雨が近づくと、気持ちまで欝々としてしまいます。

そんなときにさらに頭を悩ませるのが、招かれざる侵入者・ゴキブリ問題です。

ゴキブリ対策をしている人も多いことかと思いますが、もしかしたら家のどの場所でも同じ対策をしているのはでないでしょうか。

今回は「これでさよなら!場所別にやるゴキブリ駆除」についてまとめてみました。

キッチンのゴキブリ対策

ゴキブリを侵入させない

ゴキブリ対策の中でも最も重要なポイントとなるのがキッチンです。

キッチンは排水や換気扇などゴキブリの侵入口となる場所がいくつもある上に、ゴキブリのエサとなる食べ物やゴミ、水分などが豊富にあるため、ゴキブリの発生確率が圧倒的に高いポイントです。

またシンクや冷蔵庫裏などは適度に暖かく、ゴキブリの住処となるのに最適な環境です。

シンク下の排水管の周辺に隙間がある場合はパテなどで埋めましょう。キッチンのシンクと壁の間など、隙間が生じている箇所があればコーキング剤を流しこむようにして埋めます。1cm以上の隙間はコーキングだけでは埋めにくいため、紐などで先に隙間を埋めてからコーキング剤を流しこみましょう。

また排管はゴキブリが這い上るのを防ぐために、なるべくS字型トラップを設置するようにします。ホームセンターなどで購入できますが、アパートなど賃貸にお住まいであれば大家さんに相談してみましょう。

ゴキブリ駆除グッズを使用する

市販のゴキブリ駆除グッズはたくさん売られていますが、一つではなくいくつかの種類を併用するとさらに効果が増します。

グッズの中でも必ず使用したいのが、置きエサ式殺虫剤です。他の殺虫剤はゴキブリそのものには効果があっても卵には効果が出ず、せっかくゴキブリを駆除しても卵が孵って再びゴキブリが繁殖してしまうということがあります。

置き餌式であれば、卵を抱えたメスにも効果がありますし、置き餌を食べて死んだゴキブリを他のゴキブリが食べることによっても殺虫効果があるため、さらに二重の効果が期待できるのです。

また凍結タイプの殺虫剤はキッチンを汚さない上に威力も高いのでオススメです。

寝室のゴキブリ対策

寝室でゴキブリが出る?

ゴキブリはどこにでも出ます。

寝室にゴキブリの好むようなエサなんてないでしょうと思われるかもしれませんが、観葉植物、本、段ボール、人間の髪の毛など、何でもゴキブリのエサとなるので油断できません。

またエアコンのホースや通風口もゴキブリの出入り口となってしまうため、隙間がある場合はパテなどで埋めてしまいましょう。

寝室でゴキブリを見失ってしまった場合

寝る前にゴキブリを発見してしまったけれども逃げられてしまった…なんてことになったら安心して眠れなくなってしまいますよね。

もし寝室でゴキブリを逃してしまったら、待ち伏せタイプの殺虫剤を使用してみましょう。見失った場所を中心に通り道になりそうな場所にスプレーします。

それでもやっぱり気持ち悪い…という場合、部屋に余裕があるのであれば、ゴキブリが出た部屋を隔離し、燻煙型の殺虫剤を使ってしっかりと駆除すると安心ですね。

お風呂・トイレのゴキブリ対策

お風呂のゴキブリ対策

風呂場や脱衣所にもゴキブリの侵入口となる箇所はいくつかありますが、特に風呂場の排水溝はゴキブリが最も侵入しやすい出入り口の1つです。

風呂掃除をする際、排水溝に市販のカビ取り剤などの洗剤を流し入れたり、排水溝ネットをつけたりすることでゴキブリの侵入を防ぐことができるようになります。

トイレのゴキブリ対策

トイレにゴキブリが出る場合、換気扇から侵入している可能性が高く、その場合は換気扇フィルターを貼り付けることによって侵入を防ぐ効果が期待できます。またトイレが古い場合、便器と床の間に隙間があることがあり、小さいゴキブリであればそこすらも侵入口となってしまいます。そういった場合はパテでスキマを埋めるようにしましょう。

まとめ

場所別・ゴキブリ対策についてまとめてみました。

ゴキブリはわずかな隙間でも侵入することができるため、私たちが想像もしていない場所が出入り口となってしまうことがあります。

家の中の隙間を埋めることにより、ゴキブリ対策だけでなく暖房効果も高まりますので、是非実践してみてくださいね。

こちらの記事もどうぞ → チョウバエを駆除する!発生源からシャットアウト