ハクビシン、アライグマ、イタチなどの害獣が出た時の解決策

動物園じゃない場所で小動物を見かけると何だか嬉しくなってしまいますが、自宅やその近辺に出現した場合は様々な被害に遭う可能性もあり、心穏やかではいられません。

今回は「ハクビシン、アライグマ、イタチなどの害獣が出た時の解決策」についてまとめてみました。

ハクビシンについて:習性と対策

ハクビシンの特徴と習性

ハクビシンはネコ目ジャコウネコ科に属し、近年都市部での目撃情報が増えています。

漢字では「白鼻芯」と書きますが、文字通り額から鼻にかけてまっすぐ白い線が通っているのが特徴です。体長は50〜60cmほどですが、尾も含めると1m近くになります。

夜行性で昼間は屋根裏や岩穴などでじっと潜んでいます。雑食性ですが特に甘い果実を好み、気に入った野菜や果物を見つけると通ってまで食べようとします。木登りが得意で運動能力が高いため、家の壁を登ったり電線を伝ったりします。

ハクビシンの対策

ハクビシンによる農作物の食害は深刻ですが、民家に住み着くとさらに厄介です。

ハクビシンの同じ場所で糞尿をするという習性がある上に、かなりの臭いを発するためとても不衛生です。また屋根裏に住み着くと大きな音を立てるので、夜眠れないなど通常の生活が困難になることもあります。

糞尿により壁や天井にシミができたり、ひどいときには天井が抜けたりしてしまうこともあるため、建物自体にも被害が及びます。

ただハクビシンは鳥獣保護法で指定されているため、都道府県の許可なく捕獲したり傷つけたりすることはできません。ハクビシンが家の中に侵入しないよう、隙間を埋めて出入り口を塞ぎましょう。

また餌場となる場所にフェンスを張るなどして、ハクビシンを近づけないようにしましょう。

アライグマについて:習性と対策

アライグマの特徴と習性

アライグマは食肉目アライグマ科に属し、もともとは日本にはいない外来種で、ペットとして輸入されたものが逃亡したり捨てられたりして日本全国に分布するようになりました。

アニメやキャラクターなどで可愛いイメージのあるアライグマですが、成獣になると一気に凶暴性を増し飼育するのが難しくなります。

夜行性で基本的に水場がある場所を好みます。雑食性で何でも食べますが、目があまりよくないため、食べられるかどうかを水に入れることによって判別しています。

洗うからアライグマと思われがちですが、決して洗っているわけではありません。

アライグマの対策

農作物の食害や生ごみを食い荒らすなどの行為が問題視されています。また人に噛みついたり糞尿を介したりすることにより、狂犬病やアライグマ回虫といった危険な感染症を引き起こすことも深刻な問題です。

アライグマは特定外来生物に指定されており、飼育や輸入、外に出すなどの行為も禁止されています。

アライグマは音や光で威嚇する方法、また狼の尿などを使った忌避剤を使うなどの方法が有効です。

他にも電気柵を設けたり燻煙剤を使用したりといった方法もありますが、アライグマは学習能力が高く、一度安全だとわかるとそれ以降通用しなくなることもあります。

イタチについて:習性と対策

イタチの特徴と習性

イタチはネコ目イタチ科に属し、現在日本に生息しているのは二ホンイタチとチョウセンイタチの2種類です。

胴が長くて手足が短いのが特徴です。柔軟性があるため3cmほどの隙間があればするりと通り抜けてしまいます。雑食性ですが特に肉類を好み、ネズミだけでなく家畜のニワトリやウサギなども捕獲して食べてしまいます。

夜行性ですが、昼間に活動することもあります。

イタチの対策

イタチの糞尿はかなり臭く、危険を感じたときは特に臭い黄色の液を出します。

そのため天井裏などに住み着かれてしまうと天井にシミができるばかりでなく、たとえ追い出したとしてもその後糞尿の臭いがこびりついて悩まされることになります。

また食物や生ごみを食い荒らすだけでなく、家畜やペットを狙うこともあるため被害に遭ったときの精神的なダメージも懸念されます。

ただしイタチは鳥獣保護法や狩猟法などが複雑に絡んでいて、期間限定で捕獲してもいいとか、メスは捕獲してはならないという細かいルールが決められています。

そのため忌避剤などを継続的に使って追い出すか、光を嫌う習性を利用して感応式のストロボなどを使用するのも手です。

まとめ

ハクビシン、アライグマ、イタチなどの害獣についてまとめてみました。

捕獲には色々な規制があることと、危険な病原菌を持っていることから、無理に自分で対処しようとせずにプロの業者にお願いする方法も検討してみましょう。

こちらの記事もどうぞ → 自分でできる?業者に頼む?ネズミ駆除を確実にする方法